面倒だけど通っている定期検診

歯質があまり丈夫ではないこともあり、定期的に家族で江坂の歯医者で検診を受けています。私自身は10代の頃にはたくさん虫歯を作ってしまい治療跡もたっぷりありますが、もっと早くから検診を受けているべきだったと痛感しています。そういう知識があれば虫歯だらけになることもなかったのにと感じます。

 

面倒だなと思う時もありますが、定期検診に通っていると虫歯が見つかっても治療が簡単に終りますので通い続ける手間もありません。大人ですと虫歯以外に歯茎の状態もチェックしてもらえますので、日頃の歯磨きのアドバイスなども受けられるのは大きなメリットです。

 

子どもは親よりも頻繁に定期検診をしていますが、そのお陰でほとんど虫歯で困ったことはありません。一度だけ小さな虫歯が出来ていましたが、少し削って終りだったので本人も治療が痛いと思うこともなかったほどです。

 

私の小さい頃は、歯医者と言えば行きたくない、嫌な場所だったものですが、子ども達からすると歯医者は楽しい所というイメージがあるようです。歯は永久歯になってしまえば一生物ですので、面倒だけど定期検診だけはこまめに通っていくのが一番ですね。

久しぶりの歯医者でまさかの歯周病発覚

私は三人目を妊娠する前になんとなくで、何年かぶりに歯石をとってもらおうかな〜っと軽いきもちで江坂で歯周病を得意とする歯医者に行きました。
初めて行った歯医者さんだったので、問診から写真撮影、歯のチェック等いろいろされ、まさかの歯周病にかかっていました。
当時はまだ25歳で歯周病なんて病気もあまりどんな病気かも知らなかったです。すごくショックでした。

 

歯医者ではまず、歯ブラシの正しい持ち方や磨き方について教えてもらいました。私の磨き方は間違えだらけで強くごしごし磨いてました。力をいれずに磨いて良いと言われました。

 

そして、歯茎の中まで歯石がついていたみたいで、歯茎に麻酔をうち機械で歯石をとってもらい、一度ではとれないので何度も歯医者に通いとってもらいました。もともと歯医者と注射が苦手なので、本当に治療は長くて大変でした。

 

今でも歯周病予防の為、三ヶ月に一度、歯石をとりに行っています。
私は、虫歯もしたことなかったのに歯周病になってしまい、本当にショックでした。歯周病は悪化しないように気を付けなければいけないので、定期検診必ずいきましょう!