「歯医者」カテゴリーアーカイブ

親知らず全て抜きました

子どもの頃からあまり虫歯も無く、江坂で歯周病治療をするなら最新機器を取り揃えている歯科医へ大人になってからもあまり歯科にお世話になる事はありませんでした。
30歳を過ぎた頃、奥歯のさらに奥の歯茎がズギズキと痛み、何だろう?と思っていました。
ズキズキがしばらく続いたので、歯科へ行くと親知らずが横を向いた状態で生えようとしている事がわかりました。(歯茎の痛みは生えようとしている所が炎症してしまったそうです。)
何と、その部分だけでなく、レントゲンで奥歯4か所、全て親知らずが存在している事が判明しました。
そして、今まで何の音沙汰も無かったのに、急に4本の親知らずがニョキニョキと生えてきたのです。
当時、出産して授乳をしていた為、卒乳後に抜歯しましょうと先生と話し合いました。
親知らずが生えてきたことによって、食後に毎回奥歯に食べ物が詰まってしまい、本当に不便に感じていました。「早くこの親知らずとサヨナラしたい」と常に思っていました。
子どもの卒乳を無事に終え、いざ親知らずの抜歯に。
1本ずつを半年毎に抜いていくことになりました。
先生の腕が良かったのか、毎回の治療中も全く痛みが無く、術後に痛み止めをもらいましたが、痛みをほとんど感じる事はありませんでした。顔が腫れる事もなかったです。
全ての親知らずを抜くのに時間がかかってしまいましたが、親知らずを抜いて奥歯に食べ物が詰まる事が全くなくなり、食後も快適になりました。
友人に親知らずを抜くと、顔の形が変わって小顔になれると聞いていたのですが、残念ながらその効果はありませんでした。

イメージが変わった、心地よい歯科でのクリーニング

年齢を重ねるごとに、大阪で歯周病治療を得意とする歯科医院をご紹介して家庭のことや子供の行事に追われていると、なかなか、よほどの歯のトラブルに見舞われない限り、歯科への足は遠のいてしまいます。 ある時、奥歯にぽっかり穴があいているのに気付き、、痛みがないのですが、「これは治しとかないと」と、久しぶりに、歯科に予約。処置をしてもらったあと、先生が、「予防歯科ってご存知ですか?」と言い、そこで初めて、歯のクリーニングを定期的にする大切さを知りました。話をきいてみますと、なんだか気持ち良さそうだったため、試しに一度クリーニングをお願いしました。 実際して頂いたところ、”これは爽快!”と、けっこうハマりそうなのです。歯石取りは、始めに専用の機械を使い、上下すべての歯をケアします。 さらに、それが終わると、衛生士さん自身が器具を器用に使って、見落とした箇所をチェック。これが案外気持ちよかったです。 次に、甘いガムのような味の研磨剤入りの歯みがき粉で、全体を泡で磨きました。この研磨剤も、味が工夫してあって驚きです。最後に、研磨のあとをカバーする役割のコーティング剤で仕上げて終わりました。歯科によっては、多少工程が異なるとは思いますが、私は時間があったらケアしてもらい派です。ちなみに、処置料は高くないです。

歯の矯正体験談、100万円の価値

歯並びが昔から悪く、歯周病外科治療もできる大阪の歯医者さんは小学生で一度矯正器具をつけることになり、東京医科歯科大病院でつけてもらった器具が、口の中だけでなく、口の器具からワイヤーを口の外まで伸ばして後ろから引っ張るタイプでした。小学生当時、矯正器具を入れるのも嫌なのに口からワイヤーが出て、後ろで引っ張るなんて有り得ず、断念。

 

そこから30代まで歯並びの悪さを隠しながら生活をしていました。32才のときアメリカニューヨークに海外赴任することになり、ニューヨークでアメリカ人のクライアントと話しをするようになりましたが、アメリカ人は男性も大人は皆、歯並びがいいのです。

 

聞けば特にアメリカでは歯並びのよさは大人として大事なことと考えられており、アメリカ人と話しをしなければならない仕事柄、大変恥ずかしい思いをしました。日本に帰ってすぐに矯正歯科にいき、矯正にかかる費用として提示された金額が100万円。5年間の矯正器具とそれからほぼ一生矯正用のマウスピースを寝るときにつけると言われ、その金額と大変さに一瞬たじろぎましたが、アメリカでの忘れがたい恥ずかしさが後押しをし、その場で即決。

 

矯正を始めて5年たちましたが、いまでは人前ではきはきと話すことができ、印象も変わって営業成績はうなぎのぼり。億単位の受注を何件も獲得し、マネージャークラスにも早々に昇格。歯の矯正でこれだけ人生変わるものかと、いまはこの幸せをかみしめています。最近では、歯のクリーニングや美容を意識し、誰に見られても恥ずかしくない自慢の歯になりました。

保険のクリーニングでも歯が白くなりました

40歳を超えて、大阪歯周病治療専門サイトにとても良い歯医者を見つけたのをきっかけに、きちんと定期検診を受けるようになりました。
子どものころから虫歯になりやすく、口の中は詰め物がいっぱいですが、なんとか将来的に入れ歯にならずに自分の歯を保ちたいという思いもあって通院しています。

 

半年に1度の定期検査では、クリーニングをしてもらいます。
歯科衛生士さんが30分以上かけて上下の歯を丁寧にクリーニングしてくれるのですが、専用の器具で磨くためとても歯がつるつるして着色も取れるため白くなります。クリーニング前は自分ではそこまで汚れているとは思わないのですが、クリーニングは爽快感があり、明らかに黄ばみが取れ白く綺麗になっています。

 

クリーニングは保険ででき、定期検査込みで約2000円程度です。
特別に真っ白な歯にしたい、などの要望でなければ、定期的に保険でクリーニングを受けるだけでも十分なのではないかと思いました。
今後も半年に1度は忘れずにきちんと通い続けようと思います。

どうやって抜くんだろう?

調整日で審美歯科に行ったら上の前歯の右側が骨にくっついてて動かないからもう位置は決まり、動かないのにブラケットして動かそうとしてたから上下のかみ合わせがよくならなかったんだねって言われそこについていたブラケットをはずしてたけど、生えてきた左右の下の親知らず気になるからとレントゲン撮ったらまっすぐ生えてるわけじゃなく歯茎の下に真横になっていて歯の一部が出ていた。
矯正終わったら抜くかそのままって言われたけどそのままにしても虫歯とかになったら抜かなきゃいけないんじゃ?
次から次へと問題が・・。
でも今日上のワイヤーを変えて出っ歯の前歯が下がるようにしてくれたからこれからが楽しみ。
下はそのままだったしゴムかけもしなくていいみたいだから楽だー。
今回は痛みもなさそうだからごはん食べれるしよかった。

それにしても少しだけ見えてる親知らずってどうやって抜くんだろう?
生えてなかったら歯茎を切るんだろうけど・・・。
でも左右ともだし真横だから大学病院とか行かなきゃいけないのかなぁ。

虫歯にならなくても歯を削ることはあります!

20代半ばのある朝、突然口が開かなくなりました。別に痛いとかではないのですが、どんなに頑張ってもほんの少ししか開かないのです。もちろん普通の食事はとれないのでヨーグルトなどの流動食を食べました。多少違和感はありましたが、普段通り出勤し、終業してから掛かり付けの豊中市内の歯医者に行きました。

その頃には耳の下が痛くて、頭痛も出てきました。診察の結果、顎関節症と診断されました。実際には、口は1.8センチしか開いていませんでした。

まず、夜間のみマウスピースを着けました。口が開かないのに歯形を取られるのは本当に辛かったです。多分型を押し付けられている時はヨダレまみれで泣いていたと思います。マウスピースを着けたままで寝るのも、どうにも口の中が気持ち悪くて、慣れるまでは睡眠不足になってしまいました。

マウスピースの効果が出て、だんだん口が開くようになると、歯を削って噛み合わせの調整をしました。歯医者には4ヶ月もの間、毎週通っていました。私は虫歯になったことがなかったので、いわゆる歯医者の怖さなどには疎かったのですが、この時の歯医者通いで、歯を削られる恐ろしさが身に染み込みました。

顎をガクガク言わせる癖がある人は、絶対に止めたほうが良いです。顎関節症は癖になるので、一度なるとその後も軟骨がズレやすくなります。痛いし生活が不便になります。

面倒だけど通っている定期検診

歯質があまり丈夫ではないこともあり、定期的に家族で江坂の歯医者で検診を受けています。私自身は10代の頃にはたくさん虫歯を作ってしまい治療跡もたっぷりありますが、もっと早くから検診を受けているべきだったと痛感しています。そういう知識があれば虫歯だらけになることもなかったのにと感じます。

 

面倒だなと思う時もありますが、定期検診に通っていると虫歯が見つかっても治療が簡単に終りますので通い続ける手間もありません。大人ですと虫歯以外に歯茎の状態もチェックしてもらえますので、日頃の歯磨きのアドバイスなども受けられるのは大きなメリットです。

 

子どもは親よりも頻繁に定期検診をしていますが、そのお陰でほとんど虫歯で困ったことはありません。一度だけ小さな虫歯が出来ていましたが、少し削って終りだったので本人も治療が痛いと思うこともなかったほどです。

 

私の小さい頃は、歯医者と言えば行きたくない、嫌な場所だったものですが、子ども達からすると歯医者は楽しい所というイメージがあるようです。歯は永久歯になってしまえば一生物ですので、面倒だけど定期検診だけはこまめに通っていくのが一番ですね。

久しぶりの歯医者でまさかの歯周病発覚

私は三人目を妊娠する前になんとなくで、何年かぶりに歯石をとってもらおうかな〜っと軽いきもちで江坂で歯周病を得意とする歯医者に行きました。
初めて行った歯医者さんだったので、問診から写真撮影、歯のチェック等いろいろされ、まさかの歯周病にかかっていました。
当時はまだ25歳で歯周病なんて病気もあまりどんな病気かも知らなかったです。すごくショックでした。

 

歯医者ではまず、歯ブラシの正しい持ち方や磨き方について教えてもらいました。私の磨き方は間違えだらけで強くごしごし磨いてました。力をいれずに磨いて良いと言われました。

 

そして、歯茎の中まで歯石がついていたみたいで、歯茎に麻酔をうち機械で歯石をとってもらい、一度ではとれないので何度も歯医者に通いとってもらいました。もともと歯医者と注射が苦手なので、本当に治療は長くて大変でした。

 

今でも歯周病予防の為、三ヶ月に一度、歯石をとりに行っています。
私は、虫歯もしたことなかったのに歯周病になってしまい、本当にショックでした。歯周病は悪化しないように気を付けなければいけないので、定期検診必ずいきましょう!

親知らずを抜いてみました

治療が終わると、面倒なので、ついつい行かなくなってしまう歯科。

数ヶ月通って、また行かなくなって、虫歯が出来たり、詰め物が取れたりして、また数ヶ月。

 

その日は、歯の痛みを感じたので、観念して予約を取り、豊中の掛かり付けの歯科に行きました。

先生は、低くイイ声で話してくれるので、安心感があり、腕も良いので、麻酔の注射すら、いつ打ったのかわからないほどです。

歯の治療は、数回通う程度で済みそうでしたが、先生が、

『ついでに親知らずも抜いておきましょう。』

と言いました。親知らずは虫歯になっていませんし、痛みもないので戸惑うと、

『予防のためにね。』

と、四本の親知らずを全て抜くことを提案されました。

(さすがに、健康な歯を四本も?)

と思いましたが、先生を信用してお願いしました。

週に一本ずつ抜いていきましたが、痛むこともなく、全ての親知らずを抜いても、一度も痛み止めのお世話になることはありませんでした。

さすが、先生だと感心しきりでした。

親知らずの痛みについて

私は、ある日、突然親知らずの手前の歯が痛くなってしまい、我慢が出来ないほどの痛みで、至急土曜日だったのですが、土曜日でも診療をしている大阪市内で評判の良い歯周病歯科医院があったので、そちらを受診しました。
すると、親知らずの方が虫歯になっていると言うことが分かりました。
しかし、親知らずは、まっすぐ生えておらず、下の歯だったのですが、横から生えている状態だったので、切開しなければ抜くことが出来ず、大きな病院で抜いて貰わないといけないと言うことでした。
そこで、大きな病院に紹介状を書いて貰い、そちらの病院で、抜くことになりました。
麻酔の注射をするのですが、この麻酔が非常に痛かったですし、さらにその後も、かなり奥の方に埋まっていると言うことで、1時間程度の時間がかかり、ドリルで削ったり、歯をわって抜いたりと非常に大変な思いをしました。抜いてからも、顔が腫れてしまい、しばらく食べることが出来なくて、とても大変な思いをしたので、トラウマになっています。